洗えば今日からイイ女☆ジャムウ石鹸マル秘情報

ニオイが気になる方はこちら
黒ずみが気になる方はこちら
かゆみが気になる方はこちら
HOME » ジャムウ石鹸がはじめての方はこちら » おりもの対策にジャムウ

おりもの対策にジャムウ

おりものが多くてシートが手放せない、においが気になる、でも体質だから……。 諦めていたそんな悩みも、ジャムウが解決してくれます。

ジャムウを使っておりものが減った!

ジャムウで毎日ケアすることで、今まで多かったおりものが気にならなくなった、という声は非常に多いです。毎日おりものシートが手放せなかったのに、そういえばもう何日か付けていない、などなど。

おりものは膣の自浄作用でもあるため、雑菌の侵入や汚れがあると量が増えてそれらを洗い流そうとします。また、洗いすぎて通常であれば弱酸性に保たれている膣内のpHバランスが崩れてしまっても同様です。ジャムウ石鹸は配合されている天然ハーブの力でデリケートゾーンを優しく洗い上げてくれ、デリケートゾーンのpHバランスを崩さずに雑菌や汚れを洗い流して清潔に保つことで、おりものの量を減らしてくれます。

“おりものシートを付けずに1日いて下着を替えなくてもいい”くらいが、正常なおりものの量。しかしおりものの量で悩む女性たちは、シートを付けないなんて無理! という人がほとんどです。

下着が汚れたりにおいを消すためにあるおりものシートは、ちょっと量が多い日に使う程度なら何の問題もありません。しかし、毎日常に付けていると通気を妨げ、デリケートゾーンがムレて雑菌が繁殖してしまいます。増えた雑菌から膣を守ろうと、さらにおりものが増えてしまう……そんな悪循環に陥ってしまうことも。

そもそもおりものって何のためにあるの?

おりものは子宮頚部や膣内の分泌液などが混ざり合ったもので、排卵日付近や生理前になると量が増えます。膣内を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防いだり、受精の手助けをしてくれる大切なものです。

おりものには個人差があり、においや量もまちまち。しかし多すぎるおりものは不快ですし、それで下着が汚れれば気分はブルー……。

おりものが増えてしまう理由は、不衛生や性交渉など。清潔に保とうと気を付けていても、サイズの合っていない下着の締め付けなどでムレが起こり、雑菌が繁殖してしまうことがあります。

また、男性の精液はアルカリ性であるため、膣内射精で弱酸性に保たれていた膣内が中性になってしまうと細菌に感染しやすくなり、おりものの量に変化が。性交渉で粘膜が傷ついた場合にも、おりものの量は増えます。

気になるにおいのケアもできる

ジャムウ石鹸でケアするようになり、おりものの量が減って下着の汚れを気にすることがなくなったという声はもちろんあります。しかし、量が減るだけでなく、おりもののにおいが無くなった! という声も多数あるのです。

おりもののにおいは身体からの異常のサインとして強くなることがあります。例えば、ストレスや体調不良で女性ホルモンが乱れてしまうと膣の自浄作用が低下し、雑菌が繁殖しやすくなりにおいが出ます。細菌性膣炎などの病気に感染し、膣内が炎症を起こしているときも同様です。

しかし、それ以外の時にもにおいがするのは憂鬱なもの。ジャムウ石鹸を使うことでそんな憂鬱から解放された、という喜びの声がたくさんあります。

  • 今まではおりものシートを使っていましたが、ほぼ必要なくなりました。
  • 出産後、ずっとおりものの量に悩んでいましたが、1~2回使ったらおりものがほとんどなくなりました。
  • 気になっていたにおいもおりものも、全然気にならなくなった!
  • おりものが多くてシートをしていてもズボンににおいが移るくらいだったのに……1回でにおいが無くなって感動!
  • 暑い日のおりものとにおいがひどくて半信半疑で使ってみたら、おりものが減ってにおいも全然ありません。

このようにたくさんの方が、ジャムウ石鹸で簡単なケアをするだけで効果を実感されているようです。

 
PAGETOP▲
ヒ・ミ・ツのジャムウ石鹸ランキング