洗えば今日からイイ女☆ジャムウ石鹸マル秘情報

ニオイが気になる方はこちら
黒ずみが気になる方はこちら
かゆみが気になる方はこちら
HOME » ジャムウ石鹸がはじめての方はこちら » デリケートゾーンのかゆみケアに

デリケートゾーンのかゆみケアに

大なり小なり誰もが悩まされる“アソコのかゆみ”。人によっては本当に深刻なこの悩みも、ジャムウでこっそりおうちでケアできちゃいます。

ジャムウがデリケートゾーンのかゆみに効くワケ

ジャムウはかゆみを抑えるのではなく、かゆみのもとになる汚れや雑菌を取り除いて肌を正常に保つもの。根本から解決するので、いつもかゆみに悩まされている方にとてもオススメです。

デリケートゾーンは肌の他の部位に比べて角質層がとても繊細で、薄いといわれている瞼が約8層なのに対し、デリケートゾーンは約5層! そのため外部からの刺激や体調の変化に弱く、雑菌が繁殖すると過敏に反応してかゆみを引き起こしてしまいます。

かゆみのもとである雑菌を繁殖させないため、デリケートゾーンを常に清潔に保つのが必須です。しかし、通常の石鹸では刺激が強く、かえってかぶれを起こしてしまう可能性もあります。

ジャムウは天然素材のため、肌に刺激となる成分を含まず、保湿や美肌にいい成分がたくさん配合されています。肌を正常に保つ善玉菌は残し、かゆみを引き起こす雑菌だけを殺菌して優しく清潔に保ってくれるんです。

かゆみがおこる理由

かゆみの原因は、主に蒸れ。デリケートゾーンは非常に複雑な構造をしている上、ショーツやストッキングで覆われていて蒸れやすく、生理中になると更にナプキンで通気をふさがれてしまいます。蒸れやすい条件がそろったところに尿などが付着して、どんどん細菌が増えやすくなっているのです。

特に生理中は、肌が敏感になっている上、経血で常にデリケートゾーンが湿っている状態で、かゆみが非常に起こりやすい状態です。そこにナプキンとの摩擦も重なり、強いかゆみを引き起こしてしまいます。

生理が終わりかけの時も油断は禁物。今は吸水性に優れたナプキンが多く、そのため、見た目には汚れていないから…と取り換える回数が減った結果、雑菌の繁殖したナプキンを付け続けてかゆみにつながってしまうケースも。敏感肌やアレルギー体質の方は特に起こりやすいので、きれいに見えてもナプキンはこまめに取り換えましょう。

学校や仕事中に起こるつらいかゆみ

自由に動けない仕事中や授業中にかゆみが起こると、我慢するのはつらいもの。トイレに行けたとしても、かいてしまうと皮膚が傷つき、雑菌がそこで繁殖してかゆみの連鎖が止まらなくなってしまうこともあります。

毎日の洗浄ケアに加え、もっと高い効果がほしい時は、デリケートゾーン専用のトイレに流せるウェットティッシュやウォシュレットで患部を清潔に保つといいでしょう。ただし、ウォシュレットの使い過ぎは膣を健康に保つ常在菌も洗い流してしまって逆効果になるので、洗いすぎには注意が必要です。

ナイロンなどの化学繊維の下着は通気性が悪く、かゆみのもとであるムレを起こしてしまいます。かゆみが起こっているときは、綿か絹100%の通気性のいい下着がオススメです。

 
PAGETOP▲
ヒ・ミ・ツのジャムウ石鹸ランキング